【詩】想像すること

例えばよく晴れた 春の道端に、
ぽつんとうずくまっている人が居たとする。
大丈夫ですかと声を掛けると、
その人は眩しそうに目を開けて
気持ちがいいので眠っていた、
邪魔するなと言って唾を吐く。

相手の気持ちを想像するのは案外難しい。
でも想像することを止めれば、
自分以外
誰も存在しないのと同じ

スポンサーサイト

コメント

新作まだですか?
非公開コメント

プロフィール

Author:euReka(エウレカ)
euRekaと申します。小説や詩を書いています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR