【日々】ツイッターまとめ(120927-30)

120927
中国が、領土拡大の野心を持っていることは否定しない。でもだからこそ日本は「東アジアにおける共通の歴史認識」を中韓と議論することで、中国の内に秘める領土的野心を牽制出来るのである。日本の右傾化は、むしろ中国に対し付け入る隙を与えているだけであり尖閣を奪う理由を提供しているだけである


120929
放射能汚染による健康被害の可能性を隠蔽する支配層の姿と、先の大戦による日本の侵略行為を屁理屈で誤魔化す極右主義の姿が、全く同じフォルムに重なり合って見えるのは幻想か。原発事故も侵略戦争も、甚大なる被害と苦痛を人々に与えているのである。なのに自分こそが被害者だと彼らは目を吊り上げる


120929
戦争を希求する石原慎太郎と安倍晋三に対し、その戦争に乗じて勢力の拡大を狙っているのが橋下徹である。石原と安倍は単なる極右カルトであるが、橋下は自らのカルト性を誤魔化すことに長けた政治屋である。一たび戦争が起これば橋下はその状況を既成事実化し、あたかも中立を装いながら独裁体制を敷く


120929
先の戦争で、日本は欧米列強の侵略に対抗する「被害者」であり、故に自衛する必要があるという合理化の元にアジア諸国へ侵略戦争を仕掛けたが、今回の領土問題で、日本は中国の経済成長と国際的影響力に対する脅威を日本にとっての「被害」にすり替えるべく、中国を悪の象徴に仕立て上げることに必死だ


120930
戦争前夜、仮に、中国はけしからんと言っている〈私〉は「集団」であるが、戦争は怖いと怯えている〈私〉は「個人」かもしれない。しかし「個人」とは「集団」という言葉の対概念でしかないのだから、「集団」は、怯える「個人」の反作用として暴力的にならざるを得ない。だから戦争は成立するのである

スポンサーサイト

プロフィール

Author:euReka(エウレカ)
euRekaと申します。小説や詩を書いています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR