【日々】ツイッターまとめ(120727-120729)

120727
資本主義社会ではお金が神様で、資本家は王様である。資本主義とはこの世のあらゆるものを「商品」とみなし、この世のあらゆるものに「値段を与える」という宗教である。そして多くの場合、弱者の差し出す「商品」は強者によって値切られ、その「値切られた弱者」の集積こそが、すなわち「資本」である


120728
セクハラとは、相手の性的人間的尊厳を奪い、自身の満たされぬ権力欲の空白を、「弱者から奪ったなけなしの尊厳」で無理やり塗り固め、さも自分が絶大なる権力を有しているかのような錯覚に陥ることである。人間は、満たされぬ権力欲を満たすためにどこまでも非情になれる。まるで人参を追いかける馬だ


120729
原発事故によって「安全神話」が壊れたと思ったら、今度は「放射脳」なる言葉を作り出して放射能被曝を心配する国民を罵る。きっと将来癌患者が急増すれば汚染地域から避難しなかったのは「自己責任」だとかいう風潮が捏造され、人々がバタバタと死に始めたら「人はいつか死ぬ」とか言いだすのだろうな


120729
日本や福島に対する差別が始まっている。しかしそれは人種差別のように身勝手で、弱者に対する搾取を目的とした差別ではなく、ひとえに人工放射能の危険を避けたいという合理的な理由を決して否定出来ない差別であり、考えるほどに絶望的な差別である。我々は今、人間が人間でなくなる時代を生きている


120729
「人間」という枠組みは常に揺らぎ続けている。百年前は欧米人だけが「人間」であり、植民地や未開地の人々は単なる「野蛮人」だった。しかし戦後に入ると、未開人にも欧米人と変わらぬ知性があるという話になって、ホモサピエンスはみな「人間」ということになった。「人間」とは常に上から目線である

スポンサーサイト

プロフィール

Author:euReka(エウレカ)
euRekaと申します。小説や詩を書いています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR