【短編】 犬の木 (2009/03作)

dog-1466054_1280.jpg
「ありがとよ、旦那」
 ある冬の路上だった。子供達にいじめられていた犬を、私が助けてやったのは…
「旦那は最初、憐れなオイラのこと見捨てようとしただろ?でもオイラ見逃さなかったね。旦那の目に涙が光っていたのを…」
 よしてくれよと言って私がその場を立ち去ろうとすると、犬はズボンのスソを噛んで引っ張った。
「待ってくれよ旦那!お礼に酒でもさ!」
 犬は私を離そうとしなかった。私は仕方なく、犬に連れられ近くの焼鳥屋へ入った。

「もしかして旦那」犬はシッポを振りながら言った。「きれいなお姉ちゃんのいる店のほうがよかったかい?」
 私たちは小一時間酒を呑み適当に世間話をした。店を出ると外はすっかり暗くなっていた。犬はまた別の店で呑み直そうと私を誘ったが、私は明日仕事があるからと言って断った。
「つまんねえな…」犬は自分の前足に目を落としながら言った。「オイラ、旦那と友達になりたかったんだ…」
 私たちはさよならを言って別れた。しばらく歩いて振り返ると、私のことをじっと見送っている犬の姿が見えた。私が手を振ったら、犬は暗い空に向かって遠吠えをした。星がきれいな夜だった。

 それから一週間ほど過ぎたある夜、私はまたあの犬に会った。ひどく寒い夜でどうにも一杯呑みたい気分だった。それで呑み飲み屋の明りを探していると私はふと犬の姿に気づいた。犬は、冷たい路面に力なく横たわっていた。近づいて体を揺すってやったが、シッポひとつ動かなかった。
「旦那、オイラ死んじまったよ…」犬は言った。「死ねば楽になると思っていたんだが、そうじゃないんだね…。オイラ、寒くてしょうがないんだ…」
 私は硬くなった犬を拾い上げ、腕に抱いたまま家へ帰った。家に着くと物置からシャベルを探し出し、庭の適当な場所を選んで穴を掘った。私は穴を掘り終えると煙草に火を点けた。肺いっぱいに吸い込んだ煙を、ゆっくりと暗い空に吐き出した。夜空に星はなかった。私は暗い穴の中に犬を寝かせ、上から土をかぶせた。それだけ済ませると私は酒を呑んで眠った。夢は見なかった…

 春になり、犬を埋めた場所から芽が出てきた…。芽は長い時間をかけて成長し――やがて見上げるほど大きな木になった…

 ある昼下がり、私が木陰で休んでいると一羽の小鳥がやってきた。小鳥は木の枝に止まり、さも自慢げに歌をうたったあと、木陰でうたた寝する私にそっと話し掛けた。

「ねえ旦那、アタシのこと好き?」
スポンサーサイト

【短編】 青空(空白) (2009/02作)

geese-900608_1280.jpg
 暗闇だと思ったら、それは青空だった。
「あなたのこと、知ってるわ」その女は僕に言った。「遠い昔のことよ。あなたって、何一つ変わらないのね…」
 僕は空を見上げていた。雲が一つもなかった。ずっと眺めていたら、僕の眼球に、青空がペッタリと貼りついた。目を閉じると、僕は青空の中にいた…
「変わっていったさ。何もかも」

 ついさっきのことだ。僕はその女を、ナイフで殺したような気がする…。確信はない。ただ柔らかい何かに、硬いナイフがグッと押し込まれていった感触だけが、この手に残っている…
「なつかしい気持ち、分かるでしょ?」女は言った。「それは、人が何かを失ってしまったときに感じる気持ちなの。もう二度と戻ってこないものを、いとしく思う気持ち…。あなたには、どうしても耐えられないのよ。何かを失うことが…」
 まるで時間が止まったみたいだった。女の腹部には、ナイフが真っ直ぐに突き刺さっていた。でも女は、ただ春風のように微笑んでいるのだった…
「ほら見て…」女は空を指さして言った。「鳥が飛んでる。名前は知らないけど…」
「君は死んでるのかい?」
「あれはきっと渡り鳥ね。一羽だけ、仲間とはぐれたのよ…」
「僕は君を殺したのかい?」
 そう僕が尋ねると、女は腹に突き刺さったナイフを手で引抜いた…
「なぜそれを知りたいの?」
「大切なことだからさ。人を殺したら、人じゃなくなる」
 女は僕に、ナイフを手渡した。
「人殺しだって、同じ人間でしょ…」

 なつかしいな/君と一緒だった頃が…/君は僕で/僕は君だったよね…/僕らは手を放すべきじゃなかった/決して…/僕は次第に君を忘れていったけど/あるときふと気付いたんだ…/どうしても埋まらない/大きな空白に…/もしこの世に希望があるなら

 僕を殺してくれ

「人を殺すことは、世界を殺す希望なの?」
「悪魔になる希望さ。悪魔には不安も、迷いもない」

 孤独な悪魔/孤独な人間の/希望?

「違う」
 女は言った。腹部の傷口から、赤い血を流しながら…
「人は絶対、悪魔になんかなれない。人は弱いの。人は柔らかくて、あたたかくて、せつないの…。誰だって、どんな人だって、帰るべき場所はあるのよ。それでもあなたの空白は、埋められないかもしれないけど…」
 僕は、手に持ったナイフを見つめた…
「ねえ見て…」女は言った。
 僕は眼球に貼りついた青空を、ゆっくりと、はぎとった…


 あなたにも、見える?

【短編】 新しい神様 (2009/01作)

book-791765_1280.jpg
「神様の話を聞きに行きませんか?」
 女は、道端で僕を引き止めるとそう言った。
「すぐ近くなんです。時間ありませんか?」
「時間はあるけど、神様には興味ないね」
 そう言って僕が歩き出すと、女は僕の腕を掴んだ。
「ねえ、ちょっと待ってよ」と女は言って、蛇のように腕をからませてきた。「一緒にお茶を飲むだけだったらいいでしょう?」

 僕は女に手を引かれるまま喫茶店らしき建物へ連れて行かれた。店の奥では、牧師風の黒服を着た白髪の男が一人で酒を飲んでいた。他に人は居ないようだった。
「先生、連れてまいりました」と女は言うと僕の背中を軽く押した。
「まあ座りたまえ」と男は赤ら顔で僕に言った。「君、酒はイケるのかね?…そうか、ダメか…」
 男は酒を一口飲むとシャックリした。
「ヒックゥ…。ところでつかぬことを訊くが、君は神を信じるかね?」
「いいえ…」
「ほほう、君はいい筋をしている。なあ、ユミコくん」
 男がそう言うと、女はええそうですね先生と言って頷いた。
「我々の宗教はだな」と男は言った。「神というものを持っておらんのだよ。神は死んだと言われて久しいが、我々の宗教は神が死んだところから始まるのさ。つまり我々の宗教は、新しい神を探すことを目的とした宗教なんだよ…。ユミコくん、酒を持って来てくれ…」
 女がカウンターの奥で酒を探していると、男はア~とかウ~とか言いながらソファーにごろんと横たわり、そのままイビキをかいて眠ってしまった…
 女は微笑んで、男に毛布を掛けてやった…

 僕と女は店を出ると、しばらく歩きながら話をした。
「変なことに付き合わせちゃったわね」と女は言った。「先生はね、私の働いてるスナックの常連なの。だからたまに先生のこと手伝ってあげてるのよ」
 僕たちは、疲れた顔の会社員や自転車に乗った学生と擦れ違った。
「私これから仕事なの」と女は言うと僕にピンクの名刺を渡した。「今度うちの店にも遊びにきてよ。じゃあね」
 女は人込みに紛れてすぐに見えなくなった。手を開くとピンクの名刺が、なぜか緑の葉っぱに変わっていた…
 僕はその葉っぱを家に持ち帰り、読みかけだった本のページに挟んだ…

 数年後、僕の妻が本を開いてあの葉っぱを見つけた。僕は彼女に新しい神様の話をした…
「で、そのユミコって女と何かあったわけ?」と彼女は僕を見ないで言った。
 僕は笑った。
「だから、その女は狐だったんだよ」
「馬鹿みたい…」

【短編】 世界の死 (2008/12作)

woman-1938429_1280.jpg
 夢を見る機械というものがある。ひどく年代物の機械で、見た目や大きさは食パンを縦に入れて焼くトースターに似ている。機械の側面には赤と緑のランプがぽつんぽつんと並んでいて、まるで左右色違いの目を持ったロボットの顔のようにも見える。
「そんなんで、本当に夢なんか見られるの?」と彼女は言った。ソファーに寝そべって煙草を吹かしながら、彼女はテーブルの上に置かれたその奇妙な機械を退屈そうに眺めていた。
「人間が夢を見るための機械じゃないよ」と僕は彼女に言った。「機械が勝手に夢を見るのさ」
「それって、なんの意味があるの?」
「さあね…」
 彼女はあきれたように溜め息を漏らすと新しいタバコに火を点けた。
 僕は機械の底からだらしなく伸びている、干からびた蛇のような電気コードを部屋の電源プラグに差し込んだ。何が起こるかしばらく眺めていたが、機械はまるで死体のようにじっと黙りこくっているばかりだった…。気がつくと、彼女はソファーに深く埋もれながら寝息をたてていた。世界の死にふさわしい、穏やかな昼下がりだった…。ある人は世界がまさに死につつあると言い、またある人はすでに世界は死んだと宣言していた。世界に死があるということが発見されたのはもうずいぶん昔のことだったような気がするが…、死の議論を続けている人間はまだいるのだろうか?
 僕はお洒落なコンドームの箱に似た煙草ケースから、彼女の煙草を一本抜き取って火を点けた…

 そういえばこの間、彼女は僕の名前をもう思い出せないと言っていた。僕は気にしなくていいと彼女に言った。それはきっと世界の死に原因があって、じつは僕も君の名前が思い出せないんだと…
「だけどお互いに名前を知らないって、なんだか素敵ね」と彼女は言った。「まるで森の奥に棲むリスみたい」
「リス?」
「だって森の奥に棲むリスに、名前なんてないでしょ? だけど好きな相手のことはちゃんと知ってるの。匂いも、仕草も、秘密も…」
「リスに秘密なんてあるのかな?」
「誰にだって秘密はあるわ…」

 僕はそんなことを思い出しながら床に寝転んだ。なんだか、やけに眠たくてしょうがなかった…。彼女は氷のようによく眠っている…。このまま千年でも眠り続けることができそうな気がした…

 森に棲むリスは…、冬眠するんだっけ…?

 そのときだった。夢を見る機械はゆっくりと作動を始めた。世界に、死が訪れた瞬間だった。

【短編】 部屋

mysore-palace-598468_1280.jpg
 王様になって欲しい、とその男は私に言った。
 必要なときに王様の椅子に座っているだけでよく、あとは飲んだり食べたり、自宅に帰ったりしてもよいと。
「それから毎月、手取りで12万円の給料が支給されます。安いかもしれませんが、宮殿に寝泊まりすれば生活費もかかりません」
 宮殿で侍従長をしているというその男に、あなたは毎月いくら貰ってるんですかと質問すると、上手く話をそらされた。
「まあ、欲しいものがあれば宮殿の経費でも買えますし。土地や高級車みたいなものは無理ですが、ちょっとした洋服とか家電ならOKです」

 私は住んでいたアパートを引き払って宮殿に引っ越した。家賃や光熱費なんかを支払うと、給料の半分以上が飛んでいくからである。宮殿内で私に与えられた部屋は、8畳間にキッチンや風呂、トイレが付いた間取りであり、それまで住んでいたアパートよりは多少広かった。私は妹と二人で暮らしていたので、二部屋もらえるように希望したのだが、今は空いてる部屋はここしかないと言われた。
「高校までは少し遠くなったけど、いい部屋だと思うわ。前みたいに、部屋の真ん中をカーテンで仕切ればいいし」
 でも、妹は一応部外者扱いなので、妹の食費分として3万円が給料から天引きされることになった。

 妹は、昼間は学校へ通い、帰宅後は宮殿で小間使いのようなアルバイトをしていた。月に3万円ほどバイト代が出ていたようだが、それを食費として召し上げるのはさすがに気が引けた。それに妹は、アルバイトをすることで宮殿の人たちとも仲良くなったようだし、小間使いのかわいい衣装も気に入っているようだった。

 私が王様になってから数年後、妹は高校を卒業し、小間使いとして正式に宮殿で働いていた。8畳間の部屋は相変わらず二人で使っていたが、妹も仕事が忙しくなったせいか、二人で一緒に過ごす時間も少なくなっていた。いずれ妹にも部屋が与えられ、私一人でこの部屋を使えるようになる日も来るのだろうが、それはそれで少し寂しいと思った。

 妹が宮殿から消えたのは、そんなことを考えていた矢先である。
 一緒に消えたのは、あの侍従長の男だった。

 他の侍従たちに話を聞くと、侍従長には妻子がいるので、妹と二人で駆け落ちでもしたのだろうと。
 それで、私も王様としての、または兄としての責任を取らなければならないことになり、その妻子は今、私の8畳間の、カーテンの向こうで暮らしている。

プロフィール

Author:euReka(エウレカ)
euRekaと申します。小説や詩を書いています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR