【短編】 沈黙することは賢い、だから僕は沈黙しない (2010/08作)

asian-1870022_1280.jpg
 8月の、とある原子野を歩く私。
「ねえ、夏休みの宿題やってる?」
 ヒロシマ・ナガサキの時とは、全く違う思想で作られた新型の原子爆弾らしい。
「夏休みの自由研究さ。この写真を見てごらん。体中の皮膚がむけて、赤くただれてるだろ。彼女は中学生の女の子でね、初めての恋文をまだ渡せずにいるんだ」
 再びメールが届いた。
「相手の男の子は無事だったの?」
「ああ、彼は無事さ。裏山の鉱山で、ウラン鉱石の採掘に動員されていたからね」
「よかった。早く彼女のこと抱き締めてあげて。きっと、すごく怖がってるから」
 私は裏山へ彼を捜しに行った。
「村井Aくん! どこにいますか!」
 赤く燃え盛る街を、無言で見つめる男子生徒たち。
「同じクラスの坂本清子さんから手紙を預かってきたんです!」
「おい! キヨちゃんがどうしたって!」
 私は、駆け寄ってきた村井Aに坂本清子の恋文を渡した。
「どうしてこんなときに」と村井Aは言いながら手紙を開いた。「そんな……、俺、嫌われてると思ってたのに」
 村井Aは読んだ手紙をギュッと握り締めると、鉱山の斜面を転がるように駆けて行った。
「で、そのあと二人はどうなったの?」
 坂本清子は数時間後に息を引き取った。村井Aは被爆の後遺症に苦しみながらも、79年の人生を生きた。
 村井氏は晩年に記した自伝の中でこう述べている。
「幼馴染みだったキヨちゃんの変わり果てた姿を目にしたとき、私は彼女に近寄ることすら出来ませんでした。彼女はもう人間の姿をしていません。まるで地獄の使者か、さもなくば、新しい神か……」
 私の自由研究はすでに5千ページを超えていた。ヒロシマ・ナガサキの原爆と酷似している、この新型爆弾の意味とは何だ?
「坂本清子は普通の女の子よ」
「分かってる」
「この戦争を止めて」
「それは出来ない」

 ♪おもく重なった アキバの空の下 人刺して わが子密室で 餓死させて 毎日の テレビ画面のあちらとこちら
「歌?」
 ♪息とめて 痛み閉じ込めて 死にたくなったら 一人で死ねっていうキモい戦争

「もうやめて下さい」
 坂本清子が私の手をそっと握った。
「手紙、届けてくれてありがとう」
 目の前には、緑の草原がどこまでも広がっている。
「ここは?」
「原子爆弾の故郷です」
 誰もいない草原を、夏風が吹き抜ける。
「彼らを、故郷へ帰します」
「彼ら?」
 メールが届いた。
「P.S. また、学校でね」
スポンサーサイト

【短編】 君が死んだら、世界を殺して僕も死ぬから (2010/07作)

children-drawing-65069_640.jpg
 ある夏休み、僕は怪物と出会った。
「はあーん、ブふふーん!」
 二億年の眠りから目覚めた怪物のミーちゃんは、肺に溜まったカビを吐き出しながら、死ぬほどまぶしい青空や、水平線を白く支配する入道雲を5万カラットの瞳でキラキラと眺めていた。
「ねえミーちゃん、今から海へ行こうぜ!」
「いいよ、ケンちゃん!」

 海水浴場へ着くなり、僕はTシャツを脱ぎ捨て海へ飛び込んだ。しかしミーちゃんは水際で、ポツンと海を眺めるばかり。
「こわくない、こわくない」
 ミーちゃんは心を決めてプルルと海に入ると、背中の穴から潮を吹き上げた。
「すごい! 虹だ!」
 ミーちゃんは周りの海水浴客を激しく殴打しながら、バタバタと不器用に泳ぎ始めた。水辺にはミーちゃんのバタバタで犠牲になった人々の死体が、プカプカと浮かび上がった。
「ケンちゃん、助けて!」
 僕は急いで軍用ヘリに乗りこむと、劣化ウラン弾をミーちゃんめがけて撃ち込んだ。
「もっと優しくして」
 ミーちゃんはパニックを起こしたのか、逃げ惑う人々をフライドチキンみたいにムシャムシャと食べていた。暴走したミーちゃんは砂浜に上陸すると、そのまま都市を破壊し始めた。
「もう、どこへも戻れなくなる」
 僕は沖合いの巡洋艦に回線を繋ぎ、トマホークミサイルの発射を命じた。しかし、ミーちゃんは攻撃をもろともせず、夏の空に向かって悲しく雄叫びを上げながら、世界貿易センタービルや六本木ヒルズなどを破壊し続けた。
「ねえ、こんど虫採りに行こうよ!」
 僕は空軍を回線で呼び出し、非核兵器の中では最高の破壊力と残虐性を持つバンカーバスターという大量破壊兵器の投下を命じた。
「でも虫って、すぐに死んじゃうでしょ」

 ……事件から200年後、僕は死刑囚専用の独房で死を待っていた。ミーちゃんの暴走を止めるために都市を壊滅させ、無辜の市民を600万人も虐殺してしまったことで国際軍事裁判にかけられた僕は、「平和に対する罪」で死刑判決を受けたのだった。
 ミーちゃんは暴走後、強度の疲労で休眠状態に入り、そのまま地下深くに封印されたのだという。
「あのとき、どうして核ミサイルのボタンを押さなかったの?」
「毎晩、夢の中で押してるよ」

 ある寝苦しい夏の夜、僕は突然目を覚ました。
「君にまた、会いたいな」
 刑務所中のサイレンが狂ったように鳴り響き、独房の壁や天井がバリバリと破壊されていく。
「夢の続きを、始めましょ」

【短編】 できるだけ素っ気なく、でも優しさを忘れずに (2010/06作)

african-585271_1280.jpg
 寒かった。
 男はピストルを動物に向けながら、私の質問に答えた。
「つまりやつらが、無抵抗だからさ」
 男は動物を撃った。
「生きたければ、抵抗するしかない」
「では、抵抗する手段がない場合は?」
「知らんよ」
 私は自分のピストルを取り出した。
「俺を撃つ気か?」
「ええ」
「撃てよ」
 私は男を撃った。
「意外と痛みはないぜ、でも……」

 私は動物園を出ると路面電車に飛び乗った。
「次の駅は、論理の痛み、論理の痛みと、言葉と詩と恋……」
 向かいの席に腰かけるミニスカートの女子高校生が、太股をあげて足を組み直した。
「えー次は、非論理の快楽、非論理の快楽と、物語と夢と恋……」
 私の隣りに座っていた中学生の男子は、携帯電話のカメラで女子高校生の太股を撮っている。
「えー携帯電話のご使用は、適切に、適切に」
 女子高校生は中学生の視線に気付くと、はだけたミニスカートをさっと直した。
「えー続きまして、音楽広場、音楽広場でございます」
 私は壁のボタンをピンポンパン♪と鳴らした。
「ああそっか!」
 私は気付いた。
「論理的な人間存在の一つの帰結としての恋とは生命存在の中へ閉じ込められる永遠に対する抵抗である!」
 私は女子高校生と中学生の手を引っ張って、ピンポンポンと電車を降りた。
「もおっ! なにすんのよ!」
「つまりセックスとは生命に対する挑戦なんです!」
「ぜんぜん、意味わかんないんだけど!」

 広場へ入って行くと、陽気なバイオリン弾きが私たちをエスコートした。
「人殺しと生徒たち、そろってご来場でーす!」
 広場に集う人々から拍手と歓声が上がった。
「よっ、待ってました!」
「好きよ! あたしも殺して!」
 群衆の中から、一人の男が私に声をかけた。
「よう、また会ったな」
 あの動物殺しの男だ。
「やっぱり、あのままでは死にきれなくてね」
 男は一本の指揮棒を私に投げた。
「早く舞台に上がれよ。皆お待ちかねだぜ」
 群衆は二つに分かれて道を作り、私たちを舞台へ誘った。
「さてさて、指揮者の殺人ナルシストさんが到着しましたよ!」
 マイクを持った司会者が、待ち構えていたように喋りはじめた。
「高校生と中学生は素敵な歌を、そして演奏は25世紀交響楽団でお届けします」
 指揮棒の先端に止まった砂粒ほどの虫が、透明な羽を天に向け広げた。
「曲は交響詩《できるだけ素っ気なく、でも優しさを忘れずに》どうぞ!」

【短編】 いまそこに風が吹いているから

 girl-417422_1280 (2)640
地球上の5人に1人は宇宙人である。しかし多くの人にとっては、あまりピンとこない数字だろうと思う。公式に宇宙人の存在が認められ、地球に棲み始めるようになったのはもう300年も昔のことだが、いかにも宇宙人らしい宇宙人はほとんどいないため、街を歩いていてもそれらしい姿を見かけることはないだろう。だから宇宙人を自分の目で直接見たことがないと思っている人も少なくないのだ。そもそも宇宙人にはさまざまなタイプがあり、地球人と全く見分けがつかないような宇宙人や、小さすぎて見えない宇宙人、そして透明な体をした宇宙人などもいる。なので5人に1人と言っても、そうした分かりづらいタイプを全て含めた場合の割合であるため、あまりピンとこないのは当然なのだ。また、地球に棲んでいる宇宙人の大半は、地球人と全く見分けがつかないタイプの宇宙人なのだが、こうやって話をしている私もその1人なのである。

 私の場合は、64分の1が宇宙人の血であり、はるばる地球へやってきた宇宙人の7世代目にあたるのだという。国際的な基準では、血の濃さが128分の1までが宇宙人とされているため、私の子どもまでは宇宙人だが、私の孫からは地球人という扱いになるようだ。でも地球人と宇宙人には法律上の区別はないため、そのことは特に知らなくても問題はない。確かに、混血の宇宙人の中には念力やテレパシーを使える者もいて、たまに話題になることもあるが、元々そういう能力を持つ地球人もいるため、その原因が宇宙人の血によるものかどうかはよく分からない場合が多いのだ。ちなみに私は、人の血液型を当てるのが得意であり、相手が女性なら大抵言い当てることができる。なぜ女性なのかというと、好きになる女性が、決まってB型かAB型だからという理由もある。相手の女性が、自分の好きなタイプかどうかさえ分かれば、あとはAかOか、またはBかABかの2択になるので、4つの選択肢から選ぶより当たる確率は高くなるのだ。

 そういえば子供の頃、私のことを宇宙人だと言い当てた女の子がいて、その子のことを好きになったことがある。なぜ宇宙人だと分かったのか質問すると、女の子が私をみつめながら「いまそこに風が吹いているから」と言ったのをよく覚えている。私は何度もその言葉を思い返しながら、風に吹かれている自分や、それを眺めている彼女のことを想像した。でも最後まで、君が好きだとは言えなかった。

【短編】 脱走 (2010/05作)

architecture-1549050_1280.jpg
 123回目の自殺だった。俺は、点滴の針を抜いて機関銃を構えた。引金を引くと病室中が穴だらけになった。俺は壊れた窓ガラスに向かって助走し、地上456階の病室から朝の光の中へ飛びこんだ……
「何回やっても同じことよ」
 眼帯をした女の子は月曜日のバナナを頬張りながら、ベッドに横たわる俺を見下ろしていた。
「あなたも食べる?」
 女の子は、包帯の巻かれた俺の手に火曜日のバナナを握らせた。
「じゃあ君は何回自殺したんだ」
「この間、医師とかナースの前で78回目のピストル自殺をしたわ。でもあいつら、顔色一つ変えなかった」
 病室の窓からは、飛行機や、渡り鳥や、水曜日の無力感なんかがゆっくりと移動しているのが見える。
「あたし、ずっと考えていたことがあるの」
 眼帯の女の子は、病室のカーテンにぎゅっとくるまりながら俺を見た。
「でも、すごくヘンテコなの」
「教えろよ」
 女の子はカーテンの中から、印籠を見せるような感じでバナナを出した。
「ここから、脱走する方法よ」

 俺たちは出来る限りの準備を整えると病棟の出口へ向かった。途中で、守衛の男に声をかけられた。
「お前ら、ずいぶん楽しそうだな」
 眼帯の女の子は、木曜日のバナナと金曜日のバナナをモミアゲ風に、俺は土曜日のバナナをチョンマゲ風に頭にくくりつけていた。
「あたしたち、脱走するの」
「なんだって?」
 話はすぐに伝わり、出口のまわりに医師や守衛たちが集まってきた。
「いったい何のつもりだ」と一人の医師が俺たちに問いただした。
 俺は手に持った日曜日のバナナに、ライターの火を近付けた。
「よせ!」
 医師の顔はみるみる歪んでいく。
「君たちは病気なんだぞ!」
「あんたもな」
 出口のロックが解除され、俺たちは口笛を吹きながら病棟を抜けだした。9歩だけ呑気に歩いたあと、お互いに顔を見合わせて走り出した。
「ねえ、追いかけてくるよ!」
 俺たちは、モミアゲバナナやチョンマゲバナナを投げてやつらを遠ざけた。そしてエレベーターに飛び乗ると、俺は最後のバナナに火を点けて外に放り投げた。
「伏せろ!」
 急降下するエレベーターの中で、俺たちは乾いた空のような爆発音を聞いた。
「君、生きてるか?」
「うん。でも生きてるって、どんな気分なの?」
「さあな」
 俺は今朝の自殺を思い出した。
「なんかさ」女の子は、はねた髪の毛を指先でつまんだ。「すごくヘンテコな気分だね。生きてるって」

プロフィール

Author:euReka(エウレカ)
euRekaと申します。小説や詩を書いています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR